2018年10月18日(木)に東京工業大学にて、本協議会主催のシンポジウム「オープンイノベーションに向けた〈新しいインターンシップ〉のかたち―イノベーションを見る眼・生み出す力―」を開催いたしました。本シンポジウムには、企業関係者33名、大学関係者44名、官庁・団体から11名、総勢96名の皆さまにご参加いただきました。本事業が、研究インターンシップの普及を通して、多様な場で活躍できる人材育成と共にイノベーション創出を志向する取り組みであることを、参加者の皆様に深くご理解いただきました。

シンポジウムにあわせ「大学理事意見交換会」「大学コーディネーター会議」を開催いたしました。大学理事意見交換会には、会員大学理事9名、協議会企業理事・監事4名、省庁2名のご参加いただき、上期の取組み状況の共有と共に、下期に向けた重点取組み、ルーブリック(評価書)導入の目的と意義について議論をいたしました。

詳細な開催報告資料はこちらからご覧ください。