イノベーションの創出と日本の発展を目的とした中長期研究インターンシップ<修士・博士・ポスドク対象>を推進する協議会です。

協議会理事からのご挨拶

 

代表理事からのご挨拶

産学協働での世界の科学・技術を牽引する人材育成に向けて

代表理事 北野正雄

一般社団法人産学協働イノベーション人材育成協議会
代表理事 北野正雄(京都大学 理事・副学長)

産学協働イノベーション人材育成コンソーシアム事業は、経済産業省の中長期研究人材育成コンソーシアム構築事業の一環として、平成26年1月に設立された、一般社団法人産学協働イノベーション人材育成協議会が運営、実施するものです。現在、日本を代表する全国の主要14大学及び34のグローバル企業が参画しています。

本事業の目的は、中長期研究インターンシップを中心とした実践的な産学連携活動を整備することにより、アカデミアにおいて世界の科学・技術を牽引する人材と、グローバル市場における日本企業の産業競争力を主導する、イノベーションマインドを有する人材を育成することです。

本事業では、まずは理系大学院生およびポスドクの中長期研究インターンシップを対象とし、大学と企業による組織的な多対多のマッチングシステムを整備しました。Webシステムの構築・運用のみならず、各大学の部局・コーディネーターによるハンズオンのマッチング支援をおこない、教育的効果に配慮した質の高いインターンシップを実施できるプラットフォームができてきております。このようなインターンシップにより、学生たちは、身につけた力を企業の現場で試みることで新たな能力と気づきを得られます。一方、企業は、イノベーション創出に向けた萌芽的研究領域を探索できます。さらには、人材育成をとおして、大学と企業の相互理解が深まることが期待されます。

すでに、グッドプラクティスと評価できる事例がいくつも生まれております。本事業の趣旨にご賛同いただき、会員大学においては、さらに多くの教員・学生の、また、産業界においては、さらに多くの企業のみなさまのご参加を、心からお待ちしております。

副代表理事からのご挨拶

人材育成とイノベーション創出をともに担う
新たな仕組みへの期待と挑戦

副代表理事 稲塚徹

一般社団法人産学協働イノベーション人材育成協議会
副代表理事 稲塚 徹(ダイキン工業株式会社 常務専任役員)

本協議会が推進する研究インターンシップ事業は、会員である我が国の主たる研究大学と産業界を代表する企業とが主体的に事業推進に関わり、世界でも類をみない独自のものです。各会員が公式の窓口を定めることで組織間での情報共有の速度と精度をあげるとともに、年に数回開かれる会議や意見交換会等を通じて、直接互いのニーズを知り、課題の解決に向けた討議と工夫を行うことで、これまで多くの成功事例を積み上げてきました。

本協議会のインターンシップの第一の目的は、意欲的で優秀な学生の皆さまに自身のバック・グラウンドである専門研究の知見を活かしつつ、企業での研究や調査といった新たな経験を通じて多くの気づきを得ていただくことで、研究者として更に成長するための機会を提供することにありますが、その目的にかなう仕組みが出来上がっております。

今日、グローバル化が進展し、それに伴い産業構造が加速度的に変化する中、一企業が単独で社会の多様なニーズに迅速に応えることはもはや困難な時代にあります。この中で、本協議会の実施する研究インターンシップは、会員企業が大学の最新の研究知見や技術に触れ、研究室との繋がりを多様化・深化させることで、オープン・イノベーションのきっかけとなる役割をも果たすことができるものと考えています。

今後さらに多くの成功事例を積み上げ、PDCAを回して良質の研究インターンシップを普及・定着させることで、大学における教育力・研究力の向上と世界をリードする新たな基幹産業の創出に貢献できるものと信じています。

会員大学の学生・教員の皆さまの一層のご理解とご参加をお願いするとともに、本事業の趣旨にご賛同いただく多くの企業のご入会を心よりお待ちしております。

皆様のご入会をお待ちしております(入会方法はこちら

お気軽にお問い合わせください TEL 075-746-6872 受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]

Translate:

facebook

  • facebook
事業について
企業と大学がつながるシステム
参加大学・企業一覧
企業の正会員・賛助会員ご参加区お申し込み
院生の方へIDMシステムアカウント登録はこちら

Partners

K-CONNEX 京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム
PAGETOP
Copyright © 2014-2015 産学協働イノベーション人材育成協議会 All rights reserved.