【概要】
大阪大学では、東京大学とともに、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受け、人工知能(AI)分野の人材不足に対応するための即戦力人材の育成講座(NEDO特別講座)を開講します。本講座は、実社会で活躍中の研究者・技術者を対象としており、受講者は最短半年間で、講義を通じてAI知識を体系的に習得するとともに、製造現場や顧客行動等のさまざまなデータを用いた演習を通じて、データの構築方法や解析手法などのAI技術を身につけることができます。
【目的】
AIに係る我が国トップレベルの大学の講義と、実際にデータを扱う演習とを短期間のパッケージで受講することにより、企業が求める最先端のAI技術に係る即戦力人材を育成する。
【対象イメージ】
・メーカー(電機、機械等)で開発プロジェクトに従事する者(~入社10年目)
・情報工学、数理情報、物理情報工学、デザイン情報学等を専攻した者/機械工学等CSの周辺領域について専攻した者
【募集期間】
平成30年度後期分
平成30年1月9日(火)~2月1日(木)
※平成30年度秋~冬学期以降については、改めてお知らせいたします。
【応募資格】
大学を卒業した者又は平成30年3月31日までに卒業見込みの者であって、データの構築方法や解析手法などのAI技術を身につけることを希望する者を対象とします。
【定員】
20名程度
※応募者多数の場合は、CSテストの結果等により受講者を決定いたします。
※平成30年度秋~冬学期以降の定員については、改めてお知らせいたします。

詳細は、こちらから