学生教育とイノベーションの創出を目的とした中長期研究インターンシップ<修士・博士・ポスドク対象>を推進する協議会です。

研究インターンシップに関するFAQ

研究インターンシップに関するFAQ

こちらでは、説明会でよく耳にする「研究インターンシップ」に関しての学生の皆さまの質問を集めました。

(研究インターンシップに関してはこちら

 

「インターンシップには興味はあるけれど、2ヶ月も研究室を離れられない」
「どんなプログラムに参加すればいいの?」
「研究インターンシップって、本当に価値があるの?」

「?」を「!」に変え、皆様も是非積極的に参加を検討してみてください。
(各大学の相談窓口はこちら

 

Q1. 一般的なインターンシップとの違いは?

A1. 企業での研究の現場を一定期間体験することで、大学では得られないさまざまな「気づき」を得て研究者としてさらに成長できる素地を築いていただくことを目的に、良質のインターンシップの機会を提供します。 また、大学の公認事業として、コーディネーターのサポートも得ることができます。

Q2. インターンシップに参加するさいに意識すべきことは?

A2. インターンシップ体験後の成長が大事です。目的と意識を明確にして目標設定し、しっかりと事前準備することが重要です。大学によってはコーディネーターによる事前教育の機会が設けられることがありますので、積極的に参加してみましょう。

Q3. 研究インターンシップに参加すると、就職には有利なのでしょうか。

A3. 直接的には関係がありませんが、インターンシップをとおして企業の研究現場や風土を理解できます。企業は学生の能力や姿勢を確認できます。インターンシップ先への就職を希望するなら、互いに理解しあえていることは有利になるといえるでしょう。

Q4. インターンシップに参加したいのですが、希望企業が遠方です?

A4. 受け入れ企業ごとに対応は異なりますが、原則としてホテルや宿舎などのご提供を頂けます。コーディネーターに相談してみてください。また、各個別テーマに関する条件については、IDMシステム上でもご覧いただけます(登録方法はこちら)。

Q5. 協議会に登録している学生の専攻や学年にはどんな傾向がありますか?

A5. 偏りはなく、すべての専攻の学生の皆様から支持されています。学年別では時間的な余裕を生み出しやすい修士課程1年生、博士課程1年生の方が多く登録されています。
M_Graph

Q6. インターンシップに参加する学生はどの学年が多いですか?

A6. 修士1年、博士1・2年、PDなどの学生の皆様が比較的多く経験されております。

Q7. 中長期とありますが、すべて2ヶ月以上のプログラムでしょうか。

A7. 2ヶ月未満のプログラムも約半数を占めます。「時間的余裕がないので、参加は無理」と諦めず、プログラムを検討してみてください。

sanka_gakusei_graph1602

 

Q8. どんなプログラムに参加すればよいでしょうか。

A8. まずは、インターンシップに参加する目的を明確にすることから始めましょう。<専門分野を掘り下げたい><自分の専攻が実社会でどれだけ役立つのかを確認したい><研究者としての視野を拡げたい>など、協議会では学生の皆様の様々な要望を受け止める多彩なプログラムを用意しております。

Q9. 「大学コーディネーター」の役割はなんですか?

A9. インターンシップ・テーマ設定や日程調整、事前の打ち合わせやインターンシップ中の連絡、参加後のフォローなど、学生(教員)と企業とのパイプ役として、インターンシップが実りのあるものになるよう細やかにサポートします。

Q10. どうすれば、インターンシップに参加できるのですか?

A10. 下記リンクからご参加ください。気になるインターンシップ・テーマや、テーマを掲載していないけれど関心のある企業がありましたら、気軽に指導教官や大学コーディネーターに相談してみてください。

 

最後に、協議会の研究インターンシップの類型を「学生・企業視点」でまとめてみました。

検討時の参考にしてください。

%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9ais%e3%81%ae%e9%a1%9e%e5%9e%8br

(各大学の相談窓口はこちら

当協議会システム(IDM)への登録申込方法

お気軽にお問い合わせください TEL 075-746-6872 受付時間 9:00-17:15 [土・日・祝日除く]

Translate:

facebook

  • facebook
事業について
企業と大学がつながるシステム
参加大学・企業一覧
企業の正会員・賛助会員ご参加区お申し込み
院生の方へIDMシステムアカウント登録はこちら

Partners

K-CONNEX 京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム
PAGETOP
Copyright © 2014-2015 産学協働イノベーション人材育成協議会 All rights reserved.